社長メッセージ

株式会社デコルテ・ホールディングス 代表取締役社長 小林 健一郎

株式会社デコルテ・ホールディングス
代表取締役社長
小林 健一郎

フォトウエディング事業を主軸に
新たな感動体験を創造し、
さらなる企業価値向上を目指します

デコルテグループは、「Happiness(幸福)・Beauty(美)・Wellness(健康)」の提供を通じてお客様に喜んでいただけるサービスを目指し、2001年に創業しました。その後、ウエディング関連事業を手掛けるなか、「フォトウエディング」という存在に出会ったことが大きな転機となりました。海外では、結婚式とは別の日にスタジオや屋外で素敵な写真を撮り、それを大事に飾るという文化があります。私はその素晴らしさに感銘を受け、日本にも広めたいと考えたことから、2008年にフォトウエディング事業を開始しました。

以来、当社グループでは、結婚式を挙げる方たちの「前撮り・別撮り」として、また結婚式を挙げない「ナシ婚」層に向けてフォトウエディングのサービスを提供。「撮影そのものの感動体験」と「思い出を写真に残す喜び」という価値の最大化を追求し、おかげさまで撮影組数シェアNo.1という評価をいただいています。

結婚式の多様化が進むなか、フォトウエディング市場は安定的に成長

日本では婚姻組数の減少傾向が続く一方、フォトウエディング市場は今後も安定した成長が見込まれます。その背景にあるのが、結婚式スタイルの多様化です。かつては「ゲストを招待して結婚式・披露宴をすることが当たり前」とされていましたが、フォトウエディングや少人数ウエディング、1.5次会といった新しいスタイルが続々と登場し、結婚式に対する価値観も変化してきました。

そして、こうした状況に輪をかけたのが、新型コロナウイルス感染症の拡大です。結婚式や披露宴の延期・中止を余儀なくされるなか、自分たちが望む結婚式のあり方を見つめ直す方たちは少なくありません。一方で、フォトウエディングに対する要望も高度化し、撮影技術やメイク技術の品質へのこだわり、衣装やロケーションに対する思いも深まっていると感じています。こうしたお客様の変化に対応しながら、私たちの提供価値もアップデートし続けていくことが重要です。

基礎となる技術とトレンドの探求により、高い提供価値を実現

フォトウエディングという事業は、お客様のライフイベントのなかでも極めて重要な「結婚」を彩るサービスであり、多くのお客様にとっては一生に一度です。そのため、お客様の要望を満たす質の高いサービスを実現すべく、当社グループは「3つの内製化」という戦略を掲げています。

1つ目が「プロフェッショナル職の内製化」です。優秀なフォトグラファーやメイクアップアーティストを社員として雇用することで、高い技術を確保したうえでお客様ニーズへの柔軟な対応や効率的な人員配置を可能にしています。次に「衣装等の備品の内製化」です。衣装を自社でデザインするほか海外工場と提携することで、コストを抑えつつ最新トレンドを反映させています。3つ目が「WEBマーケティング機能の内製化」です。フォトウエディングを希望されるお客様はインターネットで探しますから、キーワード検索での上位表示や信頼感を醸成するウェブサイトづくり、SNSでの情報発信などWEB活用が欠かせません。しかもWEBに関する技術・トレンドの移り変わりは非常に速いため、社内にWEB制作チームを持ち自社で対応しています。

このほか、非日常感を演出するための店舗づくりにもこだわっています。大都市圏のターミナル駅近くに大型ウエディング専門スタジオを設け、スタジオ内でウエディングの世界観を完結させることで、利便性を担保しつつも特別な感動体験を味わっていただけるようにしています。

お客様ニーズを見据え、既存事業の成長と新たな感動体験の創出を推進

今後、デコルテグループは、フォトウエディング事業のさらなる成長を目指すとともに、ウエディング以外の撮影サービスとしてライフイベント領域にも注力していく方針です。

フォトウエディング事業においては、これまでと同様、大都市圏に大型スタジオを出店するとともに、周辺にサテライト店舗を出店することで、地域を面でおさえるドミナント戦略を推進します。同時に、地方都市への中規模店出店を進め、これまで未出店だった地域のニーズ獲得と認知度向上を図ります。また、オンライン相談など一部業務については、一括で管理・運用するセンターオペレーションを進めていきます。さらに、結婚式スタイルの多様化への対応として、全国の観光地にリゾート型店舗の出店を拡大していく計画です。

ライフイベント領域においては、七五三・入学式・卒業式などお子様や家族の記念写真、成人写真、ペット写真などの撮影サービスを展開していきます。さらに現在、新たなニーズを発掘すべく、家族写真のロケ撮影やオリジナル衣装の作成といった施策を開始しています。今後、撮影対象のイベントをさらに増やすことで、すべてのライフステージに寄り添い、思い出づくりの場を提供できる企業へと進化していきたいと考えています。

当社は創業以来、社会の変化に機敏かつ柔軟に対応することで、リーマンショックや新型コロナウイルス感染拡大といった不透明・不安定な時期も乗り越え、順調に成長を続けてきました。今後も時代のニーズをいち早くとらえ、新たなサービスとして具現化し、お客様に迅速にお届けするために積極的かつ戦略的な成長投資を実施してまいります。株主・投資家の皆様にはご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。これからの当社グループの成長に、ぜひご期待ください。